本文へスキップ

淡路共正陸運は、物流社会の発展に貢献します。

TEL. 0120-889-852

〒656-0101 兵庫県洲本市納319番地

NEWS&FAQ

マネジメント

運輸安全マネジメント 安全性優良事業所
経営トップは、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たすとともに、交通社会の発展に貢献します。
  1. 輸送の安全に関する基本的方針を全社員に周知徹底します。
  2. 実施すべき重点施策を定めて目標を設定し、全員で目標達成に向けて取組みます。
  3. 管理規定、関連法令を遵守するとともに、安全マネジメントを確実に実施し、絶えず安全の確保に努めます。
  4. 輸送の安全に関する方針は、適宜適切に見直します。           

品質管理マネジメント ISO9001
効果的なQMSを構築し、この「品質方針」を実施するにあたり経営資源を明確にします。顧客要求事項を満たすとともに、法令・ 社会規範を遵守し、物流サービスQMSの有効性の継続的改善に努め、組織全体へ伝えられ「品質方針」と整合する「品質目標」の設定、見直し(レビュー)の枠組みを与えます。また「品質方針」は継続し適切であるか見直しをします。

登録範囲:陸運貨物の輸配送サービスの提供

環境管理マネジメント ISO14001
  1. 環境に与える影響(直接的・間接的)を的確に把握し、環境保全の継続的改善を図るとともに、環境汚染の予防を確実に実施する。
  2. 部門ごとに環境目標を設定し、全部門全従業員をあげて環境管理を推進する。
  3. 環境保全のために関連する法規制及び、同意するその他の要求事項を遵守する。
  4. 物流サービスでの環境配慮。

        

運行管理

運行管理関連

デジタルタコグラフ
デジタルタコグラフ デジタルタコグラフ

2009年より矢崎エナジーシステム社製デジタルタコグラフDTG4の導入を開始し、2011年には、2t・4tまで全車アナログより切換えを完了しました。運転者には、デジタルタコグラフより得られるデータを活用し、安全意識をもった運転を啓蒙しています。安全運転を意識することでエコドライブにつながり、地球にやさしい省エネ運転を推進することで、環境負荷の低減も目指しています。

ドライブレコーダー
ドライブレコーダー ドライブレコーダー

2015年10月より簡易型ドライブレコーダーを全車両に導入しました。ドライブレコーダーを搭載することで、運転者の安全意識も高まり、運転マナーの向上を図る「安全運転の監視・指導」につながります。録画された映像は、「交通事故防止」の資料としても活用しています。万一の事故発生時には、デジタルタコグラフのデータと併せて映像で状況確認することができ、事故原因の特定にも活用できるため、ドライバーミーティング等での安全運転教育の資料としても利用しています。

モバイルアルコール検知器
アルキラー アルキラー 

2011年4月輸送安全規則改正にともない、パイ・アール社製のモバイルアルコール検知器(ALKILLER)を導入。点呼時のアルコールチェック結果を、PCにて管理することで別途帳票作成の手間を簡素化しています。また1泊以上の運行においても、スマートフォンを活用した検知器のため、通信にてリアルタイムに検知結果を把握することが出来ます。スマートフォンは、ロックアプリにより業務外の使用を制限しているため、電話点呼・業務連絡メール・アルコールチェックのみの使用になります。

雇入れ時の新人教育
新人研修 新人研修実地

乗務員の雇入れ時には経験者・未経験者を問わず教育時間を約2日間設けています。この2日間で適性診断(初任診断)の受診【運転記録証明書等により、事故惹起者に該当すれば特定診断を受診】、雇入れ時の健康診断受診、座学による安全運転・安全作業・社会人としてのマナーなど、業務に従事するための基本教育を行っています。また、トラックの基本的な構造知識を理解してもらいながら、実車にて日常点検等の実技指導も行っています。

ドライバーミーティング
月例ミーティング 月例ミーティング

毎月1回ペースで各営業所にてドライバーミーティングを開催し、事故事例などを用いての安全教育、顧客様よりの要望、通達事項等を含む荷役作業についてなど、サービス向上のための情報を水平展開し、業務等で参加できなかった乗務員にも、後日個別に対応して周知徹底を図っています。

外部講師による講習/外部研修への参加
講習会 外部研修

年間2回程度、外部より講師を招き、安全運転への意識向上・交通事故防止の啓発・省燃費運転エコドライブについての講習を開催しています。また事故惹起者を始め、全乗務員を対象に、年間で少人数にはなりますが「安全運転研修」の受講に参加しております。『クレフィール湖東の交通安全研修所』にて安全運転の基本・知識・技能を実践型体験研修で学ぶことにより、公道での運転技術・交通マナーの向上も図っています。

一般適性診断の受診
ナスバネット ナスバネット

運行に従事する常時選任運転手は、入社時に初任適性診断を受診します。淡路共正陸運では、その後3年ごとに一般適性診断を受診しています。加齢に伴う判断力、各個人の長所・短所(くせ)を見出す一般適性診断を、空いた時間を利用して受診できるように、加西・神戸各営業所にて「ナスバネット」を利用できる機器を配置しています。

 運転記録証明書
 運転記録証明 sdカード
 

平成21年より運転者として常時選任するために新たに雇い入れた者に対しては、自動車安全運転センターが交付する運転記録証明書を入社書類として提出してもらい、それまでの事故歴などを把握して適性診断を受診させるほか、淡路共正陸運では毎年1回、全従業員を対象に運転記録証明書を一括取得しています。運転記録証明書の分析結果をもとに、SDカードの取得状況や事故違反についての分析データを利用し、乗務員をはじめ、事務職への安全運転の意識づけ、啓蒙に役立てています。




バナースペース

淡路共正陸運株式会社 本社

〒656-0101
兵庫県洲本市納319番地

TEL 0799-23-1850
FAX 0799-23-1744




 家電リサイクル

 家電リサイクル 

 家電リサイクル

 浅羽計器

 パイアール

 クレフィール湖東

 自動車事故対策機構

 自動車安全運転センター